お気に入りに登録

【連載】ナースのための認知症ケア

第10回 認知症の薬を使わない治療法とは?

監修 三宅貴夫

社団法人 認知症の人と家族の会 顧問 京都保健会盛林診療所 所長

アルツハイマー病の薬があるとはいえ、その効果は限られています。こうしたなかで認知症ケアの現場で薬によらない療法(非薬物療法)が試みられてきました。

リアリティー・オリエンテーション、音楽療法、回想法、アロマテラピー、ガーデン療法、ダイバージョナルテラピー、ペット療法などの「療法」です。このうち比較的よく知られた代表的な3つの「療法」について述べてみましょう。

リアリティー・オリエンテーション

リアリティーオリエンテーション(Reality Orientation)は、現実(リアリティー)に関して見当識(オリエンテーション)をより良くしようとするもので、認知症ケアでは比較的以前から行われてきました。認知症の人は、時間、場所、状況について認識や判断が低下しているのでこれ改善することを目的にしたものです。

実際には、施設で生活している場合、日付、施設名など基本的な情報を書いた掲示板をデイルームなど目に着きやすい場所に取り付けたり、グループで学習したり、日常会話のなかに季節、日付、時間、施設名などを意識的に取り入れるようにします。

しかし記憶障害の進んだ認知症の人にはこうしたことを繰り返しても覚えにくく効果は少なく、むしろ「雰囲気」が重要ですが、記憶障害の軽い認知症の人ではその時々に現実の基本的情報を得ることができるのである程度効果が期待できる「療法」かもしれません。

>> 続きを読む
ページトップへ