お気に入りに登録

【連載】吸引困難5大ケースを攻略する!

第6回 体位排痰法をマスターしよう!

解説 石山 都

神奈川県循環器呼吸器病センター ICU病棟 集中ケア認定看護師

解説 小林恵子

神奈川県循環器呼吸器病センター ICU病棟 集中ケア認定看護師

今回は困難ケースの解説をお休みして、ここで体位排痰法の手順について解説します。
患者さんの全身の状態を十分にアセスメントした上で、手早く実施しましょう。

長期臥床患者さんによくある左下葉貯痰への体位排痰法

術後や意識のない患者さんは、仰臥位で長時間過ごすことにより、左下葉などに分泌物が溜まりがちです。
自力での喀出が困難な患者さんには、体位排痰法で痰を移動させます。

例えば、胸部X線や聴診などで痰が左下葉に溜まっている部位を確定したら、その部位が上になるようにポジショニングします。
望ましい体位はギャッジアップした前傾60°です。数十分くらいで痰が移動するといわれているので、胸の聴診などで評価していきます。
患者さんの状態によっては禁忌となる体位もあるので、事前に確認しておくことが大切です。また、この前傾60°の姿勢は、つらい体位になる患者さんもいるので、調整が必要となります。

例えば、いきなり60°にすると循環動態に影響が出るので、循環動態を見ながら、最初に20~30°後方に傾けた側臥位をとり、次に60°傾け、循環動態が安定したら身体を垂直にし、その後前傾60° の姿勢を維持します。

数十分たったら40~60°ギャッジアップから背面開放座位、端座位を目指すようにします。前傾60°の度体位保持時間については、痰は前述のように、数十分を目安に音を聞きながら評価して、維持する時間を決めるといいでしょう。

(左)後傾20~30°イラスト図(右)後傾60°イラスト図

(上)後傾20~30°
(下)後傾60°

(左)垂直イラスト図(右)前傾60°イラスト図

(上)垂直
(下)前傾60°

※続いては、「体位排痰法の基本」について解説します。
>> 続きを読む

ページトップへ