お気に入りに登録

JR東、新幹線と特急列車に医療用具を搭載

F0e0bae75a1b3435a09d3a35b1343d3b1

東日本旅客鉄道(JR東日本)は2月19日、全ての新幹線と特急列車に医師支援用具を搭載することを発表した。3月15日のダイヤ改正より開始される。

医師支援用具とは、聴診器・血圧計・パルスオキシメーター・ペンライト・舌圧子・アルコールシート・簡易手袋の7種の道具。乗客に急病患者が出た際に、乗り合わせた医師などが状況を判断して使用する。

命にかかわる急病の場合、処置は一分一秒を争うこともある。次の駅に到着するまでに対応できる態勢を整えることで、鉄道利用の安心を高めていく考えだ。