お気に入りに登録

【連載】人工呼吸器の基礎知識

第1回 人工呼吸器の基本的モード

Cd20c40d6bfb8834271576c36e84cfc7

Q 人工呼吸器のモードって何ですか?

A 人工呼吸器のモードとは、患者の呼吸を人工呼吸器がどのように補助するかで分類され、強制換気(調節換気/補助換気)と自発呼吸、それらの組み合わせによりモードが異なります。
各企業が次々に新しいモードを開発しているため、非常に多くの種類がありますが、基本的なモードには
A/C:Assist Control (補助/調節換気)
SIMV:Synchronized Intermittent Mandatory Ventilation (同期型間歇的強制換気)
Spontaneuos (自発呼吸)
などがあります。

Q A/C:Assist Control(補助/調節換気)はどのようなモードですか?

A A/Cというモードは、この中の強制換気のみのモードで、自発呼吸がない、もくしは非常に弱い患者に使用されます。
自発呼吸がない場合、設定された換気回数で、換気量(もしくは吸気圧)や吸気フロー(吸う速さ)、吸気時間、吸気へのタイミング等は全て人工呼吸器に設定された通りに行います(調節換気)。
また自発呼吸が出現している場合は、吸気のタイミングを自発呼吸に合わせて強制換気が行われます(補助換気)。この強制換気の方法は換気様式により異なります。

Assist Control

Q 換気様式とは何ですか?

A 換気様式とは、強制換気の入れ方で、PC; Pressure Control (圧規定)と VC; Volume Control (量規定)のふたつがあります。
PCとは、吸気圧と吸気時間を設定する換気様式です。
人工呼吸器は、設定された吸気圧まで速やかにガスを送り、設定された吸気時間内は設定圧を維持し、吸気時間終了時点で呼気となります。
したがって気道内圧は設定以上に上昇する事はほとんどないので、圧障害等の危険性は低くなりますが、換気量は、患者のコンプライアンスや気道抵抗によって変化するので、換気量に注意が必要です。
VCとは、1回換気量と吸気流量(吸う速さ)を設定する換気様式です。
人工呼吸器は設定された1回換気量を設定された速さでガスを送ります。
したがって回路等にリークがなければ1回換気量は保証されますが、患者のコンプライアンスや気道抵抗によって気道内圧が変化するので、気道内圧に注意が必要です。

Q Spontaneuos(自発呼吸)モードは、どのようなモードですか?

>> 続きを読む