お気に入りに登録

【連載】看護に役立つチューブ・カテーテルの使い方

第3回 Q&A~吸引処置に関する注意点(開放式吸引)~

監修 日本コヴィディエン株式会社

シングルユース医療機器の製造及び販売、並びにこれらに関連する一切の事業

F18ebfaf616a92645cdf7a10ab49f2c42

Q 気管吸引の後ならば、そのまま同じカテーテルで口腔内吸引をしてもいいですか?

A セミクリティカルの考え方からは問題ないと言えるかもしれませんが、気管内への痰の流れ込みを防ぐこと、誤嚥性肺炎防止の観点から考えると、はじめに口腔内吸引が必要になるので、必然的に吸引カテーテルは新しいものに変えて気管吸引をしなければならないということになります。
それ以外は、緊急時やその時の状況であくまでも患者の状態を考慮しての実施となります。

Q 口腔内吸引と気管吸引の明確な感染管理上の違いはありますか?

A 解剖生理上の違いからは、口腔はノンクリティカル、気管はセミクリティカルでより清潔な管理が必要ですが、口腔も気管も清潔に取り扱うという点では、あくまでもスタンダードプリコーションに準じた管理が何よりも重要ということになります。

>> 続きを読む