お気に入りに登録

回復期リハにおける看護師の役割

監修 柳谷良子

杉並リハビリテーション病院 看護部長

388d285990f2ae149be7f06fbad0b45e

リハビリテーションの分類

現在のリハビリテーションは、「急性期」・「回復期」・「維持期」に分類されます。 言葉のとおり、「急性期」は発症後まもなくの期間で外科的や内科的な治療を要している時期であり、「回復期」は外科的・内科的治療が一段落し、訓練を集中的に実施する時期です。

また、「維持期」は残された障害がさらに強度にならないための訓練を行う時期と言うことで、従って、ご承知のとおり「回復期」が最も、日常生活動作(ADL)が上昇する時期になります。 それでは、回復期リハビリテーション病棟における看護師の役割を共に考えていきましょう。

>> 続きを読む
ページトップへ