【連載】急変対応マニュアル

[窒息]急変につながる高齢者のリスク

解説 前田孝子

東京都健康長寿医療センター 医療安全室 専任リスクマネージャー 看護師長

高齢者の急変は、気付いたときには重篤化していた! ということが多いもの。高齢者の心身の機能低下の仕組みを知り、急変リスクへの理解を深めておきましょう。


窒息の要因は?

窒息は、口腔内の食べ物や喀痰などが気管へ入る「誤嚥」により発生します。

1 嚥下機能の低下

通常は気管支や肺の粘膜の繊毛運動によって、むせたり吐き出すことで自然に排出することができますが、加齢により口腔、咽頭、食道などの嚥下筋力が低下し、気管へ入った食べ物などが、気管支粘膜繊毛運動や咳嗽反射が弱いために吐き出すことができずに窒息を招いてしまいます。

窒息に至らないまでも、雑菌を含んだ食べ物や喀痰、唾液が気管に入ると、防御機能や抵抗力が低下している高齢者は、誤嚥性肺炎を起こしやすくなります。

2 食べ物の形状

高齢者が誤嚥してしまう食べ物には、成人であれば考えられないようなものがあります。

例えば、ワカメや厚揚げの皮の部分、葉物類は喉や義歯に貼り付くなどしてうまく飲み込めなかったり、一口の分量が大きくなりがちなロールパンなどは、唾液の減少、咀嚼力の低下なども加わり、誤嚥や窒息しやすく大変危険です。

3 意識状態

高齢者のなかには睡眠薬を服用している場合が多く、きちんと目覚めた状態ではなくうとうとしているような場合は、誤嚥の危険性が高まります。眠くて仕方がないようであれば、食事を1回抜いても、必ず覚醒してから食事を摂るようにします。

発見のポイント

誤嚥時には「むせ」が発見のポイントになりますが、「むせ」がない誤嚥もあるので、そのほかの症状にも注意します。

例えば、食事中から咳が出始め、食後も続いていたり、夜間に咳や痰の量が増える場合は要注意です。また、湿性嗄声といって、うがいをしているようなゴロゴロした声になっていると、食べモノの残渣が咽頭に流れ込んでいることが疑われます。

さらに、嚥下機能の低下により、いつまでも口腔内に食べ物が残っていたり、普段の食事の状況と比較して、時間がかかり過ぎる、柔らかいものばかり食べる、お茶を飲まなくなったといったことも観察します。

発熱や呼吸状態の悪化、呼吸音の異常、意識がもうろうとしているなどのサインは、誤嚥性肺炎を疑うことができます。栄養摂取を点滴から食事に切り替えるなどしたときに、発熱がみられ、感染症といった原因が見当たらない場合は、誤嚥を疑います。体重の減少や痩せ傾向といった健康状態にも注意が必要です。

ココで発見!

  1. むせ
  2. 咳や痰が増える
  3. 痰が絡んだような声
  4. 口腔内の食物残渣 
  5. 食欲低下
  6. バイタルサイン

次回は「急変につながる高齢者のリスク[せん妄]」について解説します。

(『ナース専科マガジン』2012年6月号より転載)

ページトップへ