お気に入りに登録

心臓手術後、多くの患者で疼痛が持続

D00d6649c199ccf24d88b0249496cb8c

心臓手術を受けた患者の約10人に1人は、術後2年たっても痛みが持続していることが、カナダ、モントリオール病院研究センターのManon Choiniere氏らの研究で示された。

「CMAJ(Canadian Medical Association Journal)」オンライン版に2月24日掲載された今回の研究では、カナダの4カ所の心臓外科施設でバイパス術や弁置換術などの心臓手術を受けた18歳以上の患者1,200人強を対象とした。

手術から3カ月後に40%、6カ月後22%、1年後17%、2年後10%の患者が術後の疼痛を感じていた。Choiniere氏は、「米国で年間40万人以上が心バイパス術を受けていることを考えると、この有病率は無視できるものではない」と述べている。

>> 続きを読む
ページトップへ