お気に入りに登録

降圧薬は高齢者(高血圧患者)の転倒リスクを高める

236953569ce63603a106270aebe990fd

降圧薬を服用している高齢者は転倒して股関節や頭部を骨折する可能性が高いとの報告が、「JAMA Internal Medicine」オンライン版に2月24日掲載された。米エール大学内科・公衆衛生学教授のMary Tinetti氏らによる研究。

降圧薬の副作用にはめまいや平衡感覚障害があり、降圧薬を服用している高齢者では服用していない高齢者に比べて、転倒後に大きなけがをする可能性が30~40%高く、以前に同様の経験がある人ではそのリスクは2倍以上という。

Tinetti氏らは70歳以上の高血圧患者約5,000人のデータを調べたところ、55%近くが何らかの薬剤を服用し、31%は数種類の降圧薬を服用していた。14%は降圧薬を使用していなかった。3年間の追跡調査中に、446人(9%)が転倒して大きなけがをした。

けがをするリスクは降圧薬を服用している人のほうが服用していない人よりも高かった。また、以前に転倒で大きなけがを経験した人のほうがリスクが高かった。

Tinetti氏は、「転倒後のリスクを考えれば、高齢者の高血圧をどの程度積極的に治療するかを決定する際、降圧薬がもたらしうる害と恩恵について評価する必要がある」と述べている。

今回の研究では高齢者での降圧薬の服用と転倒との関連性が示されたが、因果関係を証明したものではない。

(HealthDay News 2月24日)

(『HealthDay News』 Copyright c 2014 HealthDay. All rights reserved. 記事リンク)

ページトップへ