お気に入りに登録

【連載】難しい患者さんの日常ケア

無理な口腔ケアは学効果! 口が開かない患者さんの対処法

解説 向山仁

みなと赤十字病院 歯科口腔外科部長 歯科医師

解説 藤田紀子

みなと赤十字病院 小児救急看護認定看護師

解説 川本真規子

みなと赤十字病院 歯科衛生士

解説 大坪千智

みなと赤十字病院 看護係長

B22735ddc699ea8de313c7d62652c32a

口腔ケアが難しい患者さんへの対応のキホン

口が開かない患者さんに対しては、まずマッサージなどで口の周囲の筋肉をやわらげてから、声かけをして開口を促します。こうして口の中を目視し、必ず原因を確かめてから対応します。K-ポイントを刺激すれば、たいがいの口は開くのですが、開口器などの使用も含め、強制的な開口は、どうしても必要な場合にとどめます。

また、歯がぐらぐらする「動揺歯」が生じているケースでは、その動きの程度を調べることで、歯周病疾患の進行度がわかり、抜歯適応かどうかの判断にもなります。動揺歯を見つけたら、誤嚥を防ぐためにも歯科医師に相談します。

K-point刺激

(K-point刺激)

人差し指から小指まで頬に当て、上顎奥歯辺りの耳下腺を指の腹でゆっくり押す、実践写真

人差し指から小指まで頬に当て、上顎奥歯辺りの耳下腺を指の腹でゆっくり押す

口腔ケアは無理に実施しないこと

口腔状態は、全身状態の変化や治療内容によっては、短期間で非常に悪い状態になってしまいます。状態がひどい場合は1回の口腔ケアでやりきろうとしてはいけません。ひどい汚染を一度のケアで無理に取ろうと思うと、患者さんに痛い思いをさせたり時間がかかったり、次回からの拒絶の原因になってしまいます。歯磨き後の口の中には、菌が多く残っているため、ケアの最中には必ず清拭・吸引してきれいにします。このとき吸引がついているICUブラシを使用すると効果的です。
 
大切なのは、汚染に気をとられて口腔ケアを無理に実施するのではなく、ケアにかかわるスタッフの間で情報共有し、ケアをリレーで引き継いでいくことです。

口が開かない患者さんにどう対処する?

大きく分けて、「口が開かない人」「口を開けたくない人」の2つがあります。

>> 続きを読む
ページトップへ