お気に入りに登録

【連載】難しい患者さんの日常ケア

安心安全!小さな歯ブラシで出血させない口腔ケア

解説 川本真規子

みなと赤十字病院 歯科衛生士

解説 藤田紀子

みなと赤十字病院 小児救急看護認定看護師

解説 大坪千智

みなと赤十字病院 看護係長

解説 向山仁

みなと赤十字病院 歯科口腔外科部長 歯科医師

出血傾向の患者さんにはこう対処する

出血傾向がある場合、全身的なものか、局所的なものかをまず鑑別することが大切です。

原因が全身的なもの

〔原 因〕

主な原因疾患は、血管異常、血小板異常、凝固因子の異常などです。カルテで疾患と処方薬、血液データ(白血球数、血小板数)をみて判断します。

〔対処法〕

どこから出血しているのか確認し、出血箇所を避けて、粘膜を刺激しないよう柔らかいブラシや小さい歯ブラシ(ワンタフトブラシ)で細かく磨きます。すでに出血していたり、歯肉が腫脹して出血の可能性が高い場合は、ワンタフトブラシで注意深く、できるだけ歯肉を刺激しないように清掃します。出血が続いている場合、ガーゼで圧迫して止血します。口唇や口腔内が乾燥していると、粘膜が切れて再び出血してしまうため、アズノール軟膏やワセリンなどでよく保湿します。

>> 続きを読む
ページトップへ