お気に入りに登録

【連載】難しい患者さんの日常ケア

血管が見えない患者さんと硬い患者さんの穿刺のコツ

解説 勝博史

東京都立多摩総合センター 看護長 集中ケア認定看護師

解説 星英輝

東京都立多摩総合センター 救急看護認定看護師

8c000db96110b5768a1ca541575a6e5f2

【目次】

※「解剖を理解すること、そして基本と事前の準備」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。

ルートキープが難しい患者さんへの対応のキホン

ルートキープ(静脈路確保)とは、静脈内に針やカテーテルを留置して輸液路を確保することです。薬剤投与を行うためのルートキープは、患者さんの治療にかかわる重要な手技です。特に、急変時などクリティカルな場面では、迅速に薬剤を投与する必要があり、ルートキープの重要性はさらに高まります。

>> 続きを読む
ページトップへ