お気に入りに登録

【連載】NPPVのキホンとトラブル回避術

第5回 NPPVの条件設定とモニタリングの手順

解説 石原英樹

大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター 呼吸器内科 主任部長

Nppv1

NPPVは急性期ではほぼ24時間、慢性期ではたとえ睡眠中だけの患者さんでも、毎日、装着し続けるものです。
患者さんが拒否したり、嫌悪感を抱かないためには、最初が肝心です。
スムーズな導入のための手順を頭に入れておきましょう。


NPPVの条件設定とモニタリング

患者さんにマスクがフィットすることを確認したら、マスクと回路をつないで、条件設定に入ります。

NPPVの条件設定の手順は、

  1. 酸素投与量
  2. 換気モード(S/T・Tモード)
  3. 処方圧
  4. 呼吸数

です。

パルスオキシメーターなどでモニタリングしながら、経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)>90%を目指して十分な量の酸素を流します。

次に、血液ガスデータをもとに、一回換気量が増えるようにIPAPを上げたり、酸素化が悪ければEPAPを上げるなどで処方圧を調整します。

>> 続きを読む
ページトップへ