お気に入りに登録

【連載】医療事故、あなたならどうする?

第2回 【医療事故】警察が来る前にしておきたいことは?

監修 水島幸子

社団法人大阪府看護協会および社団法人兵庫県看護協会顧問弁護士。

Xs2zykqpg7hbhhme1334216643icon jiko1


今回は警察に届け出てから、警察が病院に来るまでの間に何をしておけばよいのか、何をしてはいけないのかを解説します。


Q 警察に届けると、カルテや看護記録を押収される。その前にしておくことは?

A とにかくコピー、そして写真撮影。後で整理し検討できるように記録しておきます。

押収されるものはカルテや看護記録だけではない

刑事事件になると、看護師の皆さんにとっては想定外のことが次々に起こります。法律の常識は医療の常識とは異なる、ということをまず頭に入れておいてください。

さて、※医療事故が起きて警察に届出を行うと、刑事事件として何人もの警察官がすぐに(場合によっては数分で)病院にやってきます。そして、捜査に必要とされるすべての記録が押収されます。いつもは静かな病棟やナースステーションがあっという間に物々しい雰囲気に変わります※1)。

看護師の皆さんは、保管義務があるカルテ(検査結果やX線写真も含む)や看護記録だけが証拠として押収されると思っておられるようですが、たしかに、※カルテや看護記録は最も重要な証拠ですが、そのほか、通常でしたら破棄してしまうようなメモ類やチェックシート類、またマニュアル類なども含めて、関連するものはすべて押収されます。要は、警察が証拠になりうると判断したものはすべてです。

>> 続きを読む
ページトップへ