痙攣

人は自分の意思で筋肉を収縮させて腕や脚を動かします。痙攣は、なんらかの原因で不随意な筋肉の収縮が全身または身体の一部に起こります。痙攣が起きたときには、緊急性の有無を確認し、患者さんの意識がない場合や呼吸停止、痙攣の持続などがあれば緊急対応となります。てんかんで痙攣がみられることがありますが、てんかんは脳の疾患であり、痙攣が起きた際は原因がてんかんからきているのか、それとも別の原因からきているのか判別することが大切です。

記事一覧

ページトップへ