救命救急処置

急変が起こった場合、まずはBLS(一次救命処置)を行い、反応がなければさらに高度なALS(二次救命処置)に移行します。その場にいるスタッフが「ACLSはチームによる蘇生である」「蘇生に精通したスタッフがリーダー役を担う」ということを共通の認識としていなければ、スムーズな蘇生は行えません。蘇生は急変対応の基本です。日頃から施設内で手順やスキルを共有しておくようにしましょう。

救命救急処置 記事カテゴリ

記事一覧

ページトップへ