深部静脈血栓症(DVT)・肺血栓塞栓症(PTE)

深部静脈血栓症(DVT)では、四肢の静脈で、筋膜より深い位置にある深部静脈に血栓が形成されます。頸部・上肢静脈から骨盤・下肢静脈まで広く発生しますが、骨盤・下肢静脈での頻度が高く、静脈の内皮障害や血流停滞、血液の凝固亢進などが原因です。この血栓は、関節などの運動により剥離し、歩行運動などに伴うポンプ作用で駆出され、塞栓の原因となります。この塞栓が肺動脈で起こったものを肺血栓塞栓症(PTE)といいます。致死性が高いため、早急な診断・治療が求められます。特異的な症状がないため、DVTの危険因子を有し、呼吸困難、胸痛、頻呼吸などの症状が認められた場合は注意が必要です。

記事一覧

ページトップへ