呼吸困難

呼吸困難は息苦しいという主観的な自覚症状です。急性と慢性に分かれ、急性の場合は重篤な状態のことが多くあります。呼吸困難の原因は呼吸器疾患だけでなく、そのほかさまざまな疾患や病態でも引き起こされますが、命に直結する状態である可能性もあるため、どの場合も緊急性の判断が大切です。客観的な評価のほか、意思疎通が可能であれば、問診によってある程度緊急性を予想することもできます。

記事一覧

ページトップへ