排尿障害

排尿症状とは、膀胱の収縮力低下や尿道が弛緩できないために、尿が出にくい、尿の勢いが弱いなど排尿時に何らかの問題がみられる状態です。膀胱の収縮力が低下する原因には、膀胱の収縮を司る骨盤神経の損傷や、尿意の低下で膀胱内に尿が溜まり過伸展が起こることなどがあります。一方、尿道が弛緩できない原因は前立腺肥大症や尿道狭窄のほか、神経の障害(糖尿病性末梢神経障害、腰部椎間板ヘルニア、腰部脊椎管狭窄症など)が考えられます。

記事一覧

ページトップへ