浮腫

水分(細胞外液)が血管やリンパ管外に染み出し、皮下組織(間質)に過剰に貯留している状態を浮腫といいます。全身性と局所性のものがあり、一次性と二次性に分かれますが、それぞれ原因は異なります。浮腫は原疾患の治療に加え、安静、水分・塩分制限、利尿剤の使用など原因に合わせた対応をしていくことが大切です。また、慢性的な浮腫の場合はこまめなスキンケアで感染予防に努め、患者さんの安楽を目的としたケアを目指します。

まとめ記事
*【浮腫とは?】浮腫のメカニズムと治療・ケア

記事一覧

ページトップへ