検査

臨床検査には、患者さんから採取した検体(血液、尿、便、細胞など)を調べる「検体検査」と、心電図や脳波、呼吸機能など患者を直接調べる「生理機能検査」があります。そのほか、レントゲン、CTやMRIなどの「放射線関連検査」、上部・下部消化管内視鏡、気管支内視鏡、胸腔・腹腔・膀胱・関節鏡などの「内視鏡検査」も代表的です。これら以外にも多くの検査があります。医師は、多くの検査の中から、患者さんの病状に合わせて必要な検査を選択しています。看護師は、検査の目的や行う理由、注意点などを把握しておくようにしましょう。

記事一覧

ページトップへ