環境整備

フローレンス・ナイチンゲールの「看護覚え書」では、看護とは「空気、陽光、暖かさ、清潔さ、静かさを適切に保つ」ことであると表現されています。環境整備とは、これらの観点に加え、患者さんの個別性に合わせて生活しやすいように療養環境を整えることをいいます。ストレスは患者さんを消耗させ、治療の妨げとなります。患者さんが前向きに治療に向かえるよう、快適な環境を作ることも看護の1つであるといえます。

記事一覧

ページトップへ