老年看護

老年期は、患者さんのこれまでの人生の歩み方、価値観や考え方などが反映される時期です。その人に合ったケアをし、その人らしく生きることを支えることが必要とされます。老年看護を実践する場は、医療機関だけではなく、施設、地域、自宅とさまざまで、看護の内容や方法も多様です。そのため、まずは加齢により現れる変化など、高齢者の特徴を知ったうえで疾病と合わせた看護を考えることが大切です。

記事一覧

ページトップへ