心不全

心不全は、器質的あるいは機能的な異常により心臓のポンプ機能が急速に低下、主要な臓器への還流不全が起こり、肺や体静脈系にうっ血をきたす病態です。息苦しさ(呼吸困難)や動悸、食欲不振などの自覚症状があります。急性と慢性があり、急性心不全は症状や徴候が急性に出現し、急性非代償性、高血圧性など原因によって6つの病態に分類されます。一方慢性心不全は、低還流状態が継続し、それにより日常生活に支障が生じている状態で、原因は多岐にわたります。急性と慢性では治療や看護のポイントが違ってきます。

記事一覧