高血圧

基本的に、収縮期血圧140mmHg以上、または拡張期血圧90mmHg以上の状態を高血圧といいます(家庭での測定の場合、いずれも−5mmHgした数値が基準)。高血圧が重症化(血圧値が上昇)するほど、心血管病、脳卒中、心筋梗塞、慢性腎臓病などの発症・死亡リスクが高くなるため、高血圧の診断が確定したら、早期に生活習慣に関する指導や降圧薬の投与など治療的介入が必要となります。脂質異常症、糖尿病、メタボリックシンドローム、肥満などが併存する場合は特に注意するようにします。

記事一覧

ページトップへ