炎症

炎症の症状には、発赤・発熱・腫脹・疼痛・機能障害があり、これらを炎症の5徴といいます。比較的早期に収まる炎症は急性炎症とされ、炎症の症状がなかなか終息しない慢性炎症とは区別されます。炎症の指標としては、CRPやWBCなどが用いられます。

記事一覧

ページトップへ