注射

注射には皮下注射、皮内注射、静脈注射、筋肉注射があり、それぞれ手技や注意点が異なります。薬効が現れる速さにも違いがあり、速い順から静脈、筋肉、皮下、皮内です。従って副作用の発現時間の差にも注意しなくてはなりません。また、注射方法が限られている薬剤もあり、注射方法と薬剤の組み合わせが合っているかの確認も必要です。実際に行う際は、同じ手技であっても患者さんの体形や皮膚の性状を考慮し、患者さんの苦痛が最小限となるように努めます。

記事一覧

ページトップへ