虚血性心疾患

心臓は、心筋が収縮・拡張することで全身に血液を送り込むポンプの役割を果たしています。その心筋に血液を送っている冠動脈が、何らかの原因で機能を果たせなくなり、心筋が虚血することで起こる病態を総称して虚血性心疾患と呼びます。具体的には、心筋梗塞や狭心症、虚血性心不全などが挙げられます。動脈硬化が原因であることから、その予防が重要となります。

記事一覧