脱毛

加齢による脱毛もありますが、臨床で起こる脱毛の要因には、主にがん化学療法・放射線療法・ホルモン療法・放射線の照射領域が頭部(頭髪の脱毛の場合)などが挙げられます。化学療法では種類や使用量によっては全身の体毛が抜ける場合があり、まつ毛や眉毛にも脱毛が見られることがあります。脱毛は見た目の変化も大きく、とりわけ髪の毛が抜けることは、心のダメージへとつながりがちです。セルフケア支援のほか、化学療法による脱毛は一時的なものであるという説明など、患者さんの不安を軽減するようなかかわりが大切です。

記事一覧

ページトップへ