口腔ケア

口腔ケア学会は、口腔ケアの具体的内容を検診、口腔清掃、義歯の着脱と手入れ、咀嚼・摂食・嚥下のリハビリ、歯肉・頬部のマッサージ、食事の介護、口臭の除去、口腔乾燥予防などとしています。これらを行うことで、口腔の疾病予防、健康保持・増進、QOLの向上を目指します。また、VAP(人工呼吸器関連肺炎)予防には口腔ケアが有効であることがわかっており、平成18年度には「口腔機能の向上」が介護保険制度上位置付けられました。がん化学療法の副作用である口腔粘膜炎の軽減・早期発見のためにも口腔ケアは必要であるとされ、口腔ケアの重要性が高まっています。

記事一覧

ページトップへ