東洋医学・代替療法

東洋医学は中国で約2000年前から用いられてきた伝統的な治療法で、日本では漢方が広く知られています。代替療法は西洋医学以外の治療法を意味します。現在の医療は西洋医学を中心に行われていますが、近年、東洋医学が取り入れられる機会が増えてきています。さまざまな種類の治療法がありますが、なかにはエビデンスが不明確なものもあるため見極めつつ、特性をうまく取り入れていくことが大切です。

記事一覧

ページトップへ