酸素療法

酸素療法とはカニューレやマスクなどを用いて体内に適量な酸素を投与する治療法です。酸素療法の導入を決定するのは医師ですが、行っている酸素療法が適切であるかどうかのアセスメントは、看護師も行えたほうがよいでしょう。そのためには、酸素化の評価の仕方を知っておくことが大切です。アセスメントの指標には、SpO2やPaO2などの数値以外にも、呼吸回数や顔色(チアノーゼの有無)などが挙げられます。

まとめ記事
*酸素療法とは?種類・目的・適応・看護

記事一覧

ページトップへ