新生児・小児看護

新生児・小児看護は、成人に対する看護とは全く違うものであると考えます。発達段階にある子供と接するため、身体的な問題だけではなく、精神的な問題への介入も必要です。新生児・小児看護では親を含めた看護であるということを前提とし、患児の入院生活が長期化したり、状態が悪化した場合などは、親の不安や負担が軽減できるよう支援します。退院後は、必要に応じてソーシャルワーカーや栄養士といったコメディカルと連携することも必要となる場合があります。

新生児・小児看護 記事カテゴリ

記事一覧

ページトップへ