精神看護

精神領域の看護は、急性期・回復期・慢性期に分けて考えることが一般的となっており、それぞれの状況に適した看護を提供することが必要です。また、入院期間を短縮し、地域で生活できるよう支援することが求められます。患者さんが安心して地域生活を送るためには「地域での継続医療・看護」が重要視されます。また、一般病棟であってもせん妄の対応など、精神看護を必要とするケースも多く、一般病棟に入院する患者さんの精神状態を把握し、専門的な医療が必要な患者さんを早期に発見し、必要な人や場所に繋ぐというリエゾン精神看護も広がっています。

記事一覧

ページトップへ