リハビリテーション

リハビリ看護は急性期、回復期、維持期と回復過程に応じた異なるアプローチで、患者さんの機能回復のサポートに努めます。近年では急性期リハの取り組みも増えており、早期から患者さんのADLを見極めた介入で、多職種と連携しながら障害の改善、機能の回復を目指します。患者さんと家族の希望、年齢や重症度、社会背景などによってゴールは異なるため、ただリハビリをするというのではなくゴールを見据えたかかわりが大切です。

リハビリテーション 記事カテゴリ

記事一覧

ページトップへ