気管切開

気管切開には一時的なものと永久的なものがあり、適応・目的には、
①長期人工呼吸器管理が必要
②気道分泌物が多い
③上気道の閉塞
の3つがあります。気管切開を受ける患者さんは全身状態が悪いことが多く、合併症によっては緊急の対応を必要とすることもあるため、管理には注意が必要です。気管チューブにはさまざまなタイプがあり、患者さんの状態や目的に合わせて使い分けます。使用するチューブの特徴や注意点について、違いを知っておくようにしましょう。

まとめ記事
*気管切開とは? 気管切開の看護

記事一覧

ページトップへ