睡眠時無呼吸症候群の病態とケア

睡眠時無呼吸症候群は、一般的に肥満の人がなるものと思われていますが、慢性心不全の患者さんが併発することもあります。
今後、心不全患者さんは増加するといわれており、それに伴い、睡眠時無呼吸症候群を発症する人も増加すると考えられます。
そこで、睡眠時無呼吸症候群とはどのような症候群なのか、ケアはどのようなことを行うのか、といったことを事例を交えて解説していきます。

ページトップへ