Bzlogo2

ビュートゾルフで訪看ステーションを立ち上げるということ

著者がビュートゾルフに出合ったのは、今から5~6年前。
オランダの『在宅ケア』シェア60%、今も拡大を続けている、玉ねぎモデル、管理者不在で看護師がプロ意識をもった自立型チーム、BZ-WEBというICTシステムを活用したナレッジ・マネジメント、オハマシステムを用いたアセスメントツール、オランダの医療費削減にも貢献等。これがあれば自分たちの訪問看護ができると感じ、後に3か所のステーションを立ち上げる際の指標をビュートゾルフ型に決めた。
著者が体験を踏まえて、ビュートゾルフ型訪問看護ステーションを紹介する。

ページトップへ