看護に関するQOL向上のWIN-WINの法則

「看護のQOL向上」は、看護師が対象者に丁寧に対応することが求められる場合が多く、看護の時間的な労力という観点から、「看護師のQOL向上」と相反すると考えられる傾向にありますが、どちらも相互作用で向上する人的技術方略や業務上の工夫は本当にないのでしょうか?
この連載では、さまざまな病院・病棟で「臨地実習指導」という形式で、看護師を目指す学生と「看護のQOL」を考えながらも、病棟業務を俯瞰してみることができたからこそ見出した、看護に関するQOL向上のWIN-WINの法則についての考えと、その実践効果に関する体験の紹介をします。

ページトップへ