「できる」に注目する高齢者看護

プランナー/青梅慶友病院 看護介護開発室長・老人看護専門看護師 桑田美代子

みなさんは、高齢者や認知症高齢者を“大変な患者”と思ってしまったり、できないところにばかり目を向けてしまう傾向はないでしょうか。高齢者は身体的、精神的、社会的、そして、文化的にも個別性の高い看護の展開が求められます。また、人的環境も含めた生活環境そのものが、患者の不安を増強させている場合も少なくなく、看護師も環境の大きな一要因であることを十分に認識した組織作り、ケア環境の整備が非常に重要視されます。
本特集では、看護する側が老いや老化、認知症に対する“みかた”を変えて、多職種と共に高齢者・認知症看護を創る取り組みをご紹介します。

ページトップへ