コーチング・ティーチングを活かしたCKD看護指導の極意

プランナー・執筆/喜瀬はるみ|東葛クリニック病院 看護部 透析統括師長 透析看護認定看護師

成人の8人に1人がCKD患者といわれる現在、CKD看護における最大の課題の1つが患者指導といわれます。生活と治療のあらゆる場面で長期にわたり強いられる制限や制約を、患者に理解してもらい、実施・継続してもらうためには、行動変容を促すかかわりが必要となります。本特集では、コーチングとティーチングを使い分けて行う、CKD患者や後輩への指導方法を紹介します。

ページトップへ