語りと言語化で発見! あなたの看護観

プランナー:横浜市立大学 看護キャリア開発支援センター長/淑徳大学 客員教授 陣田泰子

看護職は厳しく大変な仕事です。それでも多くの看護師が、「人の役に立ちたい!」「患者さんに寄り添いたい」といった志や理想をもって看護の道に進みます。とはいえ現実は、膨大な量の業務を抱え、在院日数の短縮化により患者さんに寄り添うこともできず、思い描いていた看護を実践することが困難な状況で、当初抱いていた志や理想、仕事に対するやりがいを見失ってしまいがちです。
これからもやりがいを感じながら、良質な看護実践を続けていくためには、拠り所となる看護観を見つけることが重要です。そこで本特集では、看護という「見えにくい知」の特徴をはじめ、「あなたが大切にしている看護」を見える化するための方法を紹介します。

ページトップへ