がん患者さんの皮膚障害とケア

がん患者さんは、薬物療法や放射線治療を行うと皮膚障害を発症するリスクがあります。患者さんによりよい治療を受けてもらうためには、早期発見・早期対応、患者さんのセルフケアは欠かせません。早期発見・早期対応には、治療によってどのような皮膚障害が発症するのかを知っておくことが必要ですし、患者さんにセルフケアを行なってもらうためには、看護師が支援・指導を行うことが必要です。
この連載では、がんの治療に伴う皮膚障害に対する基礎知識やケアの仕方をエキスパートに解説してもらいます。

ページトップへ