この人に聞く 訪問看護のいま・みらい

地域包括ケアシステムの整備が進むなか、訪問看護の役割は重要になっており、多岐にわたる場面で看護の力が必要とされています。現在地域で多様な活動を行う訪問看護師は少なくありませんが、まだ充足しているとはいえません。在宅ケアの一端を担う柱として、今後ますます重要性は高まると考えられます。
これに伴い、訪問看護への関心も高まっており、訪問看護に就いてみたい、就いてみたいがどのような仕事かよくわからない、などの声が聞かれます。
しかしすでに在宅医療に従事している訪問看護師は、全体母数が少ないこともあり発言の機会が少なく、訪問看護の魅力や醍醐味を発信しづらい環境にあります。
そこでこのコーナーでは、訪問看護の実際に触れるとともに、現在そして今後の動きを知り、訪問看護について考える機会・魅力を知る機会となるために、特に発信力をもつ訪問看護の最前線で活躍している方々にお話をうかがいます。

ページトップへ