お気に入りに登録

【連載】これだけできれば大丈夫! 病棟で必要な人工呼吸ケア

ウィーニングとは?方法や自発呼吸トライアル(SBT)など

解説 和田 希

湘南鎌倉総合病院  慢性呼吸器疾患看護認定看護師

S %e4%ba%ba%e5%b7%a5%e5%91%bc%e5%90%b8%e5%99%a8 min

目次

※「3週間以上装着している場合はより計画的に進める」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


ウィーニングとは?

人工呼吸器から離脱すること

人工呼吸器からの離脱、つまり器械による強制換気から自発呼吸(自然呼吸、呼吸筋のトレーニング)に慣れさせる訓練―自発呼吸への移行プロセスを、ウィーニングといいます。

人工呼吸器の装着自体が、気道損傷、VAP(人工呼吸器関連肺炎)、無気肺、廃用症候群などの合併症の原因となり、装着が長期になるほど合併症のリスクは高くなります。

従って、人工呼吸器を装着することになった原因疾患や症状が改善もしくはコントロールできるようになったら、できるだけ早い時期にウィーニングを開始します。

ウィーニングは大きく3段階に分けられる

ウィーニングは大きく

  1. 鎮静からの離脱
  2. 人工呼吸器によるサポートからの離脱
  3. 人工気道からの離脱

の3段階に分けられます。

ウィーニングの大まかな流れ

換気モードをA/C(強制換気)からSIMV+PS、SIMVに切り替えて換気回数を減少させ、次にCPAP+PSあるいはPS圧を減少し、自発呼吸へと移行させていきます。

ただし、最近ではウィーニング期間が延びてしまうことを防ぐために、SIMV+PS、SIMVを省き、A/CからCPAPへと変更することが多く、SIMVはあまり使われなくなっています。

>> 続きを読む
ページトップへ