お気に入りに登録

【連載】急変の判断と対応

ショックの初期対応と鑑別の流れ

執筆 津田 泰伸

聖マリアンナ医科大学病院 ハートセンター北病棟 主任

ショックの初期対応と鑑別の流れについて解説します。


【関連記事】
* ショックの定義、症状、診断基準と見極め
* ショックの5Pとは?ショックの起きる原因と対処方法

▼急変対応について、まとめて読むならコチラ
急変時の対応


ショックの初期対応と鑑別の流れ

 ショックの患者さんの治療目標は、酸素供給と酸素利用を改善し、細胞と組織の損傷を防ぐことにあります。そのためには、酸素投与、十分な輸液、モニタリング、さまざまな支持療法が必要になります。

 ショックとは生命の危機的状態であるため、原因検索をして確定診断をした後に治療を開始するのでは、患者さんの命は救えません。時間との勝負であるため、すべてが同時に進んでいきます。

 看護師は、「意識・気道確保・呼吸・循環」の確認と、ショックの初期対応と鑑別の流れ(下図)を理解して動いていくことが重要になります。

ショックの初期対応と鑑別の流れ図 ショックの初期対応と鑑別の流れ
>> 続きを読む

ページトップへ