【連載】急変の判断と対応

ショックの初期対応と鑑別の流れ

執筆 津田 泰伸

聖マリアンナ医科大学病院 ハートセンター北病棟 主任

ショックの初期対応と鑑別の流れについて解説します。


【関連記事】
* ショックの定義、症状、診断基準と見極め
* ショックの5Pとは?ショックの起きる原因と対処方法

▼急変対応について、まとめて読むならコチラ
急変時の対応


ショックの初期対応と鑑別の流れ

 ショックの患者さんの治療目標は、酸素供給と酸素利用を改善し、細胞と組織の損傷を防ぐことにあります。そのためには、酸素投与、十分な輸液、モニタリング、さまざまな支持療法が必要になります。

 ショックとは生命の危機的状態であるため、原因検索をして確定診断をした後に治療を開始するのでは、患者さんの命は救えません。時間との勝負であるため、すべてが同時に進んでいきます。

 看護師は、「意識・気道確保・呼吸・循環」の確認と、ショックの初期対応と鑑別の流れ(下図)を理解して動いていくことが重要になります。

ショックの初期対応と鑑別の流れ図 ショックの初期対応と鑑別の流れ


 ショックの初期治療としては

1.循環血液量不足の補正による血圧維持
2.カテコラミン投与による心拍数量増加と末梢血管収縮による血圧保持

 の2つがあります。

 ショックは多くの場合、循環血液量の不足があり、明らかに溢水でなければ、細胞外液を投与することになります。輸液補正しても改善しない場合や、心原性ショック、敗血症性ショックの場合では、カテコラミンを投与して心拍出量を保持し、末梢循環を改善させることになります。敗血症性ショックでは、末梢血管の拡張がショックの大きな要素であるため、ノルアドレナリンを早期に使用します。

ショックの分類と原因

1 循環血液量減少性ショック

 原因・・・体液、血液の喪失による血管内容量の絶対的減少 (ex.出血、熱傷による体液喪失)

2 心原性ショック

 原因・・・心臓ポンプ機能の急激な低下 (ex.心筋梗塞、心筋症、不整脈、弁疾患など)

3 心外閉塞・拘束性ショック

 原因・・・心臓以外の原因による心臓ポンプ機能や血流の阻害 (ex.心タンポナーゼ、緊張性気胸、肺血栓症など)

4 血液分布異常性ショック

 原因・・・末梢血管収縮の低下による血管内容量の絶対的または相対的な不足 (ex.アナフィラキシー、敗血症、神経損傷など)

(『ナース専科マガジン』2015年1月号から改変利用)

ページトップへ