お気に入りに登録

【連載】月刊 小林光恵新聞

月刊 小林光恵新聞【第9号】復職の呼びかけで重要な「ウェルカムの雰囲気」

執筆 小林光恵

エンゼルメイク研究会 代表

Mitue

A2 150x150

ホームページはこちら

今月は、「復職の呼びかけで重要な「ウェルカムの雰囲気」」と、「突撃! ナースの里帰り⑨」をお送りします。

第8回 職場のイベントは、仕事のうち? はコチラ


小林光恵の視点

2025年に看護職員は、約200万人が必要であると推計されています。

 

総務省発の「医師等の確保対策に関する行政評価・監視の結果に基づく勧告(概要)」(勧告日:平成27年1月27日 勧告先:厚生労働省)に、就業している看護師等は154万人(平成24年)で、潜在看護師等は71万人(平成22年)と記されています。

年間およそ5万人が看護職につき約10万人が離職している現在ですから、離職率を下げるための対策は必要ですが、と同時に、潜在看護師等の復職支援も大きな課題だといえるでしょう。

潜在看護師等の7割が復帰したなら、200万人を超える計算になるのですから。

潜在看護師が職場復帰できない(しない)理由として、まずあげられるのは「子育て」でしょう。前述の総務省の勧告の1P目をご確認ください。男性医師に「潜在」の文字はありません。

今後、保育所の完備や時短勤務体制などなど、ワークライフバランスの具体的な実現が大いに進むことでしょう。

ほかに技術や能力的なこと、夜勤への身体的負担の不安なども復帰に踏み切れない理由だと思われ、研修など手厚い支援が必要ですね。

それともう一つ重要だとおもうのは、「ウェルカムの雰囲気」です。

>> 続きを読む
ページトップへ