お気に入りに登録

【連載】がん患者さんを感染から守る!

第5回 浮腫・リンパ浮腫患者さんの感染対策と指導のポイント

執筆 清 好志恵

静岡県立静岡がんセンター、がん看護専門看護師

Gan

がん治療に伴い生じる浮腫とリンパ浮腫について、そのメカニズムとともに感染予防に関する基礎知識を紹介します。


感染予防に欠かせない「スキンケア」

リンパ浮腫における感染予防として、「スキンケア」は、早期から行われるべき必要不可欠で基本的なケアです。

予防的スキンケアの柱となるのは、もっとも重要なバリア機能をもつ「表皮」の状態をいかに良好に維持するかです。

スキンケアの多くは患者さん自身によるセルフケアとなるため、観察・ケアがなぜ必要かという理由を明確にし、セルフケアの重要性を理解してもらい、自発的に継続できるように指導を行うことが大切です。

そのためには、まず正常な皮膚の構造と機能の理解を図るとともに、リンパ浮腫によって起こる皮膚のダメージを患者さんにも理解してもらうことからスタートすると良いでしょう。

また、患者さん指導の際には、一度に大量の情報を伝えることは避け、広く浅い情報から段階を追って伝えていくことも大切です。

感染徴候がみられたら

感染徴候として、浮腫のある部位の発赤や斑点、広範囲の発赤、熱感、圧痛などがみられます。

感染徴候がみられたら、まず抗生物質の投与について医師の指示を仰ぎます。同時にリンパ浮腫であれば、患部の用手的リンパドレナージ、圧迫療法、運動療法をすべて中止して安静を保ちます。

>> 続きを読む
ページトップへ