看護師の仕事に役立つ情報、技術が学べるサイト -スキルアップに役立つ情報をお届けします-

【連載】現場で使える!英会話1分間レッスン

検査前・手術前の問診を英語でするには?(20)

Eigo

A Good Example – おすすめのフレーズ

Is there anything else about your medical history we have to know before the procedure?
Do you have pain now? We use a pain scale from 0 to 10.
0 is no pain and 10 is the worst pain ever. How would you rate your pain?

前回の手術歴で患者さんの既往歴に関する質問は終わりですが、すべての科を網羅したわけではありません。念のため、特記すべき既往歴が残っていないか確認しましょう。
「is there anything else ~?」は「ほかに何かありませんか?」という意味です。

「your medical history we have to know before the procedure」は、「私たちが検査前に知っておかなければいけない他の既往歴」という意味です。
「is there anything else?」だけでも、話の流れから十分患者さんに伝わりますが、あえてしっかり確認するフレーズを使いました。

既往歴の確認が終わったら、痛みのアセスメントです。
「痛み」は「pain」です。
痛みの評価は、0から10の数字を使った「pain scale(痛みのスケール)」を使います。
患者さんにどうやってスケールを使うか説明しましょう。
「0が痛みなし」は「0 is no pain」、「10が今まで経験した一番痛い痛み」は「10 is the worst pain ever」を使いました。痛みのスケールの説明は他にもいろいろあります。
例えば

•How would you rate your pain on a scale of 0 to 10 with 0 being no pain and 10 being the worst pain you could imagine?
•On a scale of 0 to 10, with 10 being the worst pain and 0 being the no pain, how would you rate your pain right now?

言いやすいフレーズを使ってください。

次回は、嗜好品とお迎えの方を確認するフレーズを紹介します。