【連載】Q&Aで考える高齢患者さんのせん妄ケア

入院中のせん妄予防プログラムHELPとは?

解説 金盛琢也

日本赤十字豊田看護大学 老年看護学 講師 (旧:聖路加国際大学 大学院看護学研究科 老年看護学)

Q.入院中のせん妄予防プログラムHELPとは何ですか?

A.高齢患者さんのせん妄と身体機能低下予防を目的としたプログラムです。ベッドサイドにボランティアが訪問し、快適な時間を提供することで、退院まで自立した状態で過ごせるよう支援します。

ボランティアと専門職の協働

 HELP(Hospital Elder Life Program)とは、入院中のハイリスク高齢患者さんのせん妄と身体機能低下の予防を目的として、教育を受けたボランティアが専門職とともにベッドサイドで患者さんに治療的アクティビティを提供するプログラムです(図1)。1997年に米国のイエール大学で開発され、HELP本部のある米国では、学生や地域住民などのボランティアに事前に36時間の教育を行い、70歳以上で2日以上入院を予定する高齢患者さんを対象に、1日3回、各20分以上寄り添い、さまざまな介入を提供しています。具体的には、毎日の患者さん訪問、日常会話などのリアリティ・オリエンテーション、パズルやトランプ、新聞の読み聞かせなどのアクティビティの提供、歩行練習の付き添い、食事の際の話し相手や見守り、音楽、マッサージなどのリラクゼーションなどがボランティアによって行われます。現在はオーストリア、イギリス、オランダ、台湾、日本などでも実施されています。

HELPが必要とされる背景

 HELPを運営する多職種チームは、老年科医、看護師(CNSまたはNP)、ソーシャルワーカー、教育を受けたボランティアで構成されます。この中で、看護師は患者さんの包括的アセスメントとケアプランの作成を担い、ソーシャルワーカーが日々の運営やボランティアの勧誘、研修、ケア指導などを行います。①入院中の身体的機能、認知機能を維持すること、②退院時に自立度を最大にすること、③入院から在宅、または入院から施設などの移行を適切に行う支援をすること、④一般内科病棟の高齢者ケアのスタッフのスキルを向上すること、が目標となります。

聖路加版HELPの実際

 聖路加版HELP(HELP in SL)は入院高齢者のニーズを背景に、聖路加国際大学看護学部老年看護学の教員と聖路加国際病院看護部、病棟看護師の協働のもと、2015年9月より開始されました(図2)。HELP in SLでの対象患者さんは、①70歳以上、②長期入院による抑うつ状態の悪化がある人、③活動性が低下している人、④昼夜逆転している人、⑤入院前から認知機能の低下が認められ、症状の悪化が懸念される人で、約1 年間で25人の患者さんに提供されました。

聖路加国際病院に入院する高齢者のニーズ

 ボランティアは大学の看護学生で、学生たちは事前に講義を受け、プログラムの内容と高齢者とのコミュニケーションのとり方について指導を受けます。最初は教員や先輩についてベッドサイドに訪問し、日時のオリエンテーションや治療的アクティビティを見て学びます。その後、回想法やオセロゲームなどのレクリエーション、新聞や本の読み語り、歩行・散歩の介助、足浴、アロマケアなどを、1回20~30分程度実施しています(図3)。
 
HELP in SLの流れ
 
 共に心地よい時間を過ごした患者さんからは、「若い人が話し相手になってくれてうれしい」「一人では散歩に行けなかったが、連れて行ってくれてありがたかった」などの声がありました。また、看護学生ボランティアからは、「患者さんが楽しそうにしてくれてうれしかった」「認知症の理解ができた」「高齢者とのコミュニケーションのコツが理解できた」などの感想が寄せられています。
 
HELP in SLでのケア提供の様子


参考文献
●日本精神神経学会,日本語版用語監修,高橋三郎,他 監訳:DSM-5精神疾患の診断・統計マニュアル.医学書院,2014.
●亀井智子 編著:高齢者のせん妄ケアQ&A 急性期から施設・在宅ケアまで.中央法規出版,2013.
●酒井郁子 他編:どうすればよいか?に答える せん妄のスタンダードケアQ&A100.南江堂,2014.
●八木一馬:入院患者におけるせん妄のマネージメント.みんなで解決!病棟のギモン.レジデントノート 2016;18(9):1758-63.
●林安奈 他:せん妄の鑑別診断と鑑別のポイント.せん妄に対する治療戦略最前線.臨床精神薬理 2017;20(2):149-55.
●粟生田友子 他:らくらくせん妄/不穏 予防・アセスメント・対応マニュアル.BRAIN NURSING 2017;33(3):7-49.


この記事はナース専科2017年10月号より転載しています。

ページトップへ